売るとき・買うとき・骨董品を

大量の骨董品を売るときの最適な売り方とは

売りたい骨董品の量が多いなら、出張買取がおすすめ

倉庫や蔵に眠っている不要になった骨董品を、引っ越しや大そうじをきっかけに処分を考える方はいるのではないでしょうか。長く大切に扱ってきたものなら、価値をきちんと評価してくれる買取業者のところで、少しでも高く売りたいですよね。しかし、どうやって売ればいいのかもわからないと困っている方もいるでしょう。

骨董品の売り方は、店頭買取と宅配買取、出張買取が主な方法になります。不要な骨董品の量が多い場合、店頭に持ち込みして売るのは、重くて持ち運びをするのが大変です。段ボールに詰めて業者に送る宅配買取の方法は、数が多いと梱包するのにも手間がかかります。それに、骨董品は割れ物や傷がつきやすいデリケートなものが多いため、店舗買取と宅配買取の売り方は不向きと言えます。

ですから、自宅まで鑑定士が訪問し、買取や引取をしてくれる出張買取の売り方が、不要品の量が多い場合はベストです。出張買取は、鑑定してもらった骨董品は全て売らなければいけないのかが気になりますよね。鑑定してもらった骨董品の買取金額に納得いかないこともあるでしょうし、売るのを検討したいと感じることも普通なことです。出張買取に対応している業者では、丁寧に鑑定してくれるところは多いです。一つ一つ鑑定し、買取するもの、売るのを検討しているもの、売らないものといった風に整理してくれる良心的な業者もあります。そういった信頼できる買取業者を見つけるとよいです。買取金額に納得できなかったら、売るのを断ることもできますし、査定は無料で行われるのが一般的なので、出張買取は気軽に利用できるサービスです。