売るとき・買うとき・骨董品を

骨董品買取の方法とそれぞれのメリットとは

骨董品買取業者に依頼

骨董品買取において最もメジャーな方法は、骨董品の取り扱いをする店舗へと直接持ち込んで査定してもらうという方法です。品物を買取依頼をする人が直接持ち込み、その場で査定をしてもらい、現金で支払ってもらうという手順になります。この買取方法のメリットは、店舗が営業しているのならばすぐに査定を依頼することができるということです。目の前で直接査定してもらうこともできるので、疑問点があればすぐに聞くこともでき、納得したうえで買い取りを終えることができます。また、現金をすぐに手に入れることができるという点でもメリットがあるでしょう。

反対にデメリットもあります。骨董品買取を店頭買取で行う大きなデメリットは、品物を直接持ち込まなければならないので、破損の恐れがあるということです。身近に質の良い骨董品屋がなければ、査定額に納得できないというデメリットもあります。

オークションで買い取りをすると

骨董品買取に限らず、不用品をフリーマーケットなどでオークションに出して買い取ってもらうという方法もあります。このオークションに出すという方法にもメリット・デメリットがあります。ネットオークションの場合、正確な査定がなされることはないので、骨董品のものによっては真贋鑑定が疑われたり、発送途中の破損でトラブルになりかねないデメリットがあります。一方で手間暇かけずに出品出来て簡単なことと、ニッチ商品を出品すれば高値が付く可能性が高いことがメリットです。

骨董品専門のオークションというものがあり、こちらに個人で出品することもできます。専門の鑑定士がいるので、適正価格で出品されることになることがメリットですが、基本的にプロ向けなので登録手数料をはじめとした費用が掛かり、相当高値で買い取られる自信のある骨董品でなければ損となる可能性もあります。