売るとき・買うとき・骨董品を

評判が良いところで骨董品の買取を依頼しました

テレビのようには行きませんでしたが

家にあった大きな掛け軸を骨董品を取り扱う店舗で買取依頼をしました。口コミで評判の良かったところを選び、買取方法は3つ(店頭持込・宅配・出張)ある中の出張買取を選びました。出張買取を選んだ理由は、掛け軸のサイズが大きく宅配は心配だったのと、袖と丈の長い着物も何着かあったので出張買取を依頼する事にしました。電話対応もそうですが訪問中も丁寧な対応で、査定結果にかかった時間は約1時間、査定結果は全部で9万2千円でした。振り込みかと思ったんですが、書類にサインをしてその場で現金にして貰えました。自宅にあった掛け軸は、テレビで見るような作品だったので、正直に言うと高額になるものとばかり思っていました。

しかし、実際は無名作家の作品で年数も比較的浅いらしく、値段はつけられないという回答になりました。9万円の買取価格は1点の着物の値段です。丈の長い着物は業界では「お引きずり」と呼ばれるらしく、品数が少ないので需要があるそうです。また、絵柄もよく生地も本物の正絹だったので高額になりました。他の着物は合成繊維だったので3点で2000円という結果になりましたが、合成繊維と正絹の違いは分からなかったので良い勉強になりました。掛け軸に関しても着物に関しても、想像していたよりも安くてショックでしたが、どういう物なら価値があるのか?という体験が出来たので、査定の依頼をして良かったです。出張買取は会話をしながら査定をして貰える安心感があるので、次回も出張買取でお願いしようと思っています。