売るとき・買うとき・骨董品を

骨董品を高く売るためにはどうすればよいか?

なるべく綺麗な状態で買取依頼をする

せっかく骨董品を売るのであれば、可能な限り高く売りたいと考えるのが普通です。少しでも高く売るためにはなるべくきれいな状態で買取依頼をする方がよいです。買取業者は骨董品そのものの価値を見極めて価格を提示するため、多少きれいにしても無駄だと思う方もいます。

しかし、買取業者も人間ですから、持ち込まれた際の汚れがあまりにも酷ければそれが価格に反映されてしまう可能性はゼロではありません。骨董品を持ち込む前にはほこりや汚れを必ず掃除するようにした方がよいでしょう。その際には無理に擦るようなことをして傷をつけないように注意します。また、骨董品を購入した際に付いてきた袋や箱なども揃えておくと買取価格を高くしてもらえる可能性が上がります。

売りたい骨董品と同じジャンルの専門店に依頼する

確実に価値のある骨董品を買取業者に持ち込んだにも関わらず、驚くほど安い値段を提示されてしまうことがあります。持ち込んだ骨董品が偽物というわけではないのに、なぜこのようなことが起こるのかというと、買取業者ごとに得意・不得意なジャンルがあるからです。買取業者としては不得意なジャンルの骨董品の鑑定には自信がないため、安い値段を提示するしかないのです。そのため、別の業者に持ち込んだら価格が何倍にも上がったという話もありえます。

なるべく高く売りたい場合、自分の骨董品と同じジャンルに強い買取業者を選び、なるべく複数の業者から見積りを出してもらうことが大切です。複数の業者を回るのが大変だと思う場合は、インターネット上での鑑定を受け付けてくれる業者もいますから、利用してみるとよいでしょう。